これまでにお伝えしているように、登戸駅周辺ではいま大規模な区画整理事業が進行中で、駅周辺の古い町並みが次々と取り壊されて更地になりつつあります。

そんな中でも駅前商店街は大きな変化もなく手つかずで残ってきたのですが、車買取で年明けに大きな動きがありました。スーパーマーケット、ラーメン屋、金物屋さんなど、ほとんどの店が一斉に閉店してしまったのです。
先日お伝えした「多摩百貨店」も、年明けから今週にかけてすべての店が営業を終了しました。

これで登戸駅周辺の旧来の風景は完全に一掃されることになります。区画整理もいよいよ佳境に入ってきたようです。

さてそんなシャッター商店街で今なお営業を続けているのが、今回名所として紹介する、居酒屋「とん平」です。昔ながらの居酒屋としては、登戸駅周辺では最後の一軒ということになります。
狭い通りを挟んで、以前お伝えした関山果実店(こちらもまだ営業中)のはす向かいにあたります。