営業先で犬に襲われた。

玄関の前に、でっかい番犬小屋があり
「猛犬注意」「危険」と書かれている。
しかしコイツを越えていかないと玄関に入れない。
ケルベロスかよ(笑)

しかしそのケルベロスは、かなりご機嫌が良いようだった。
最初はものすごく吠えついてきたが、
目の前に廃車買取でしゃがんで小さな声で話しかけていたら
ついに私の前で寝ころび、尻尾を振りはじめた。

そして玄関に到着。応対を始める。

すると、突然股間を衝撃が襲った。
いつの間にか背後にまわった「猛犬」が勢いをつけて
鼻をぶつけてきたのだ。いわゆるカンチョー!だ。
「なにやってんのよ!」
飼い主が慌てて止めにはいったが、
猛犬は「面白くて仕方がない」という顔で、さらにジャンプしてくる。
なんだか大騒ぎになってしまい、商談は中止となった。

わざわざ犬にカンチョーされるために出向くとは・・・・