ゴブリンという化け物には、種族的に強くて頭の良い
ホブ・ゴブリンという奴がいる。
たぶん猫としてはそのくらい強いだろうということで、
ボス猫のホブ・ゴブリン。略してボブゴブリンと名付けた。
勝手も良いところだが(笑)

さてこのボブ。野良猫であるため常に油断なくあたりを見ているが、
反面ひとを必要以上に怖れず、餌をくれる人間は個体識別ができるようだった。
以前、ボランティアの人が道端でこのボブを見かけ、
廃車買取で声をかけると返事をしたらしい。
そのまま家まで並んで歩き、
餌を出しているあいだは座って様子を見ていたそうである。
それなりの度胸と精神的な余裕があったのかも知れない。
だから相手に対する配慮、というものがあるのではと分析している。

そこを見込んで朝晩餌をやり始めたのが数ヶ月前。