今年はBS放送が無くなってしまった…。
見られるのかどうかも危うかったが、
上司をなだめすかして、ブランクB-Lディスクを押し付け、
とりあえずCS映像をコピーしてもらうことにした。感謝感謝。
シーズントピックとしては、
1チーム増、1GP増で、
レギュレーションはほぼ変わらずで熟成のシーズンになる、はず。
ターボからの排気感が追加されてノイズは増してるらしい。
シーズン前のテストでは相変わらずのMerc有利、というか信頼性で圧倒。
初日からレースシュミレーションとかどういうこっちゃ。
Feの方がテストらしくテストしてるんだけどやっぱりなぁ…。もう一歩かなぁ。
マシンは来年で大変革になる都合大体どこも昨年の進化版。
が、FeはFサスをプッシュロッドに戻してショートノーズにする等攻めてきた。
RBはPUゴタゴタがあったけどなんとかTAGHEUER名義のルノーで出発。
Lot改めRen、昨年の色違いで再出発。Magが復帰。
Indは体制維持で手堅い開発。テストでトップになるなど地味に光る。
ToRはPUが型落ちFe、でも直線向上で上機嫌。
Sauは一回目のテストで新車が間に合わなかった遅れが心配。
McL、HondaPUのデプロイは改善したもののマシン熟成はこれからか。
HAAS!久々USチーム、母体は工作機械メーカー。
準備と地ならしをしっかりして、Feのメカで走る。
ドライバーもGro、Gutと手堅く経験者を集め、テストから意外と活躍。
Manは大躍進の可能性アリ。
なんとMercの新型ユニットにWillのギアボックス、
Merc風洞にMerc育成ルーキー。
昨年の走ってるだけマシンからついに戦うマシンに。

メルボルン予選。
マシンノイズの違いは判らんなぁ。
そして90秒毎ノックアウト式という謎予選。
せわしない!見慣れれば楽しめたのかもしれないけど、ドライバーに不評。
ピンチになっても再アタックが叶わない過酷さ。
残りタイヤの有無と、
90秒内にアタック終了させなければならない無理ゲーで、
一回で廃止となったとさ。
HamRosVetってまぁ全く変わり映えしないなぁ…。
比較的チーム列になりましたな。

決勝。
今年から3種のコンパウンドを使用可能になった。
Q2落ちした車はQ3用新品オプションも使えるそうだ。
手探りですなぁ。お、シュワちゃんがいる。
無線規制も施行。
Botはギアボックス交換で5グリッドダウン。
Q2組はSスタートもチラホラ。
スタート前にKuvストップ、リタイヤ、1周マイナス。
Hamスタート失敗!!Vet真ん中ズバッ!
VetRaiRosVesMasHamの順。Vet逃げる!
Magは接触でパンク。GutはPUトラブル?
Hamは5周でMasをパス。が、Vesが抜けない。
10周くらいから最初のストップ開始。
13周目Ros、Ricピットイン。RosはSに。
翌周Vet、SS継続。僅差で守り抜く。
16周目にRai(SS)、Ham(M)交換。Hamワンストップか。
17周目、Alo、Gutと派手にクラッシュ!SC!そして赤旗!
ブレーキの早いGutに突っ込んでマシン大破で3回転!かな?
再スタート、Vetタイヤ替えず、RosM新品、HamはM継続。
HamはToR2台の後・・・。
23周目、Raiストップ!発火!
タイムが落ち続けるVet、35周でやっとピットイン。Sに。
左前外れず危うい5位復帰。
42周目HamがRic抜いて2位。Eriはガレージイン。
その翌周Ric入ってSSに。
50周過ぎ、Hamがミスって、
元々10秒以上の差から5秒まで詰めていたVet、接近。
しかしVet55周目最終コーナーでミス!あちゃーー!
悠々と走ってRosトップフィニッシュ!

スタートと、赤旗が決めましたね。
スタートでHamは勝利を失い、
赤旗でVetはチャンスを失った。
で、Rosがかっさらった。
びっくりはHAASのGro!
見て楽しいToR、
心配なRaiとRB。
頑丈だったMcL。
Willは不発。
結果はありきたりですが悪くないレースでしたな。
Merc、テストでMを使いまくったのが効いたか(笑)。

インタビュアーがウェバーw!
Vetと楽しくやってるw